海外アートマーケットNews Picks!!:2021年2月

この数年黒人作家(特にアフリカ系アメリカ人)の評価がどんどん上がってます。コレクターも増えているようです。
美術館では財政難から解雇や作品売却の話題がある中、アートマーケットでは活況となっており不均衡が浮き彫りなこの頃です。NFT(代替え不可能トークン)は、新たな価値を提供しそうですね。

海外アートニュース

アメリカでは9月の時点で、アート業界の失業率は国全体の失業率の最大で6倍にも達している。10都市の市長はバイデン政権に対して救済処置を講ずるよう声をあげている(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/mayors-call-for-biden-arts-bailout-1940406

新しいレポートは、英国のアート業界の人たちが昨年から開始された新しいマネーロンダリング規制に不本意ながら受け入れていることを示している(artnet)
https://news.artnet.com/market/uk-art-market-regulation-1941147

アンジェリーナジョリーが所有しているウィンストンチャーチルが第二次世界大戦中に描いた絵画を3月1日クリスティーズのオークションに出品した。価格は$3.1Mは行くだろうと予測(artnet)
https://news.artnet.com/market/churchill-painting-angelina-jolie-christies-1940869

新しい「黒人(アフリカ系アメリカ人)アート」ドキュメンタリー:”Black Art: In the Absence of Light”は、美術史家のデイヴィッドC.ドリスケルの研究への深い賞賛となっている。昨年夏にコロナと関連した病気で亡くなった。彼は1976年に”アメリカ黒人アーティストの200年”という展覧会を企画し、これは今日まで様々な点で重要な展覧会と位置付けられている。その後の研究などについて。放送は2月9日からHBO Max(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/black-art-in-the-absence-of-light-hbo-documentary-review-1234582688/

昨年亡くなったジャンクロード クリストの個人手帳が出版された。1960年代初頭不法移民として3年間過ごしその後NYにて様々なアーティストと交わった。特にアンディー ウォーホールとも親密で食事や映画などによく出かけていた。手帳には、”アンディーウォーホールへ電話”といったメモも(The Guardian)
https://www.theguardian.com/artanddesign/2021/feb/07/christo-diary-extracts-call-andy-warhol-published-to-promote-auction

パンデミックの影響で財政難にあるメトロポリタン美術館は約160億円の支払いが待ち受けている。解決策として所蔵品の売却を検討し、オークションハウスと打ち合わせを始めている。これまでは売却基金は新規作品購入のみ利用可能であったが、これからはコレクションの維持するために直接発生した費用についても利用できるようガイドラインの変更の可能性を話し合っている(The New York Times)
https://www.nytimes.com/2021/02/05/arts/design/met-museum-considers-selling-art.html

米国自動車大手フォードの創業家ファミリーが所有する家具や調度品など650点以上の美術品が3月30日にクリスティーズでオークションにかけられる(Bloomberg)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-02-08/christie-s-kathleen-duross-ford-estate-auction-offers-over-650-lots?srnd=pursuits-culture

[ムンクの叫び]に”Can only have been painted by a madman”という作家自身が描いたとする文字を新たな分析で発見した(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/munch-the-scream-study-handwriting-1234584285/

デジタルのGIFアニメ「Nyan Cat」が$560,000(約5,900万円)で落札された。これまで人々は美術品や野球カードなど物理的な商品に感情や美術史的な価値を付け、高額なお金を支払ってきた、しかしデジタル画像をNFT(代替え不可能なトークン)に登録することで、固有性が付加され新たな価値を生んでいる(The New York Times)
https://www.nytimes.com/2021/02/22/business/nft-nba-top-shot-crypto.html

米国の美術館は、コレクション維持の為に作品の売却をするべきではない。
という2009-2017までメトロポリタン美術館ディレクター、現在サンフランシスコ美術館ディレクターのトーマス・キャンベルの長文コメント。これまでは新規作品購入基金創出の為の作品売却であったが、コレクション維持にかかる費用創出の為とガイドラインの枠組みを広めようとしていることに警鐘。パンドラの箱を開けてしまう気がするが、自分は考え過ぎか?と(Apollo Magazine)

https://www.apollo-magazine.com/american-museums-deaccessioning-operating-costs-thomas-campbell/

建築家 安藤忠雄はフランソワ・ピノーの新美術館(旧証券取引所)をいかに転換させたか(Architectural Digest)
https://www.architecturaldigest.com/story/architect-tadao-ando-transformed-paris-bourse-de-commerce

2020年10月英国ノッティンガムに現れたバンクシーの新作は、幾つかの寄贈先との交渉がまとまらず、ブレントウッドのブランドラー ギャラリーに売却された(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/banksy-hula-hooping-mural-nottingham-sold-1234584051/

奈良美智は12年間の海外生活から日本に帰りどのようにしてスタイルを変換したか。そしてひたすら上昇する彼の作品価格について(artnet)
https://news.artnet.com/market/yoshitomo-nara-market-1944355

ホイットニー美術館は財政難の為、11部門中合計15人を解雇した。米国での美術館職員の解雇はまだ継続する模様(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/whitney-museum-lays-off-15-employees-1945672

サイモン デ ピュリー(前フィリップスのオーナー)が語る、なぜインスタグラムがアート産業のプラットフォームになりえたか(artnet)
https://news.artnet.com/opinion/simon-de-pury-instagram-1945211

奈良美智による最初のファッション コラボレーションはステラ マッカートニーと(Galerie)
https://www.galeriemagazine.com/yoshitomo-nara-stella-mccartney/

作家ラシッド ジョンソンの今までに最大の作品がNYの複合ビルのロビーに飾られている。以前は美術館展示室でしか見れなかったミュージアム クオリティーの作品を屋内のパブリックアートへ展示する試みが増えている(Interior Design)
https://www.interiordesign.net/articles/18905-artist-rashid-johnson-s-largest-work-to-date-is-installed-inside-brookfield-place/

コロナの行動規制を緩めたイタリアでは、美術館も静かに再開し普段は観光客で埋まっている館内も地元のビジターがゆっくりと作品を見ている(The Guardian)
https://www.theguardian.com/world/gallery/2021/feb/24/art-unlocked-italys-museums-quietly-reopen-in-pictures

シアトルの故Jane Lang Davis and Richard Langが蒐集した近代絵画のコレクション19点がシアトル美術館へ寄贈された。マークロスコ、ヘレン フランケンサーラー、フランシス ベーコン他。作品と共に$10,500,000(約11億円)を寄付。この基金はコンテンポラリーアート作品のコンディション保全基金へ(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/seattle-art-museum-yale-friday-foundation-gift-1234584669/

欧米の富裕層はプライベートバンクから絵画を担保に多額の融資を受ける件数が増加している。あるエキスパートによると、アートローン市場は42兆円規模の可能性がある。リスクは貸し手がアートローンを投資家に再販していること。投資家は本当にリスクを理解しているのか?アートマーケットは、非常に非流動的で不透明で気まぐれな市場(CNBC)
https://www.cnbc.com/2021/02/25/the-wealthy-are-borrowing-billions-against-their-art-collections-.html

英国ビクトリア&アルバート美術館は、財政難の為大掛かりな人員削減案を近日中に発表する予定。これには学芸員や修復家も含まれる。(ArtReview)
https://artreview.com/staff-at-londons-va-fear-major-redundancy-plan-is-imminent/

コンテンポラリーアート 海外オークション情報

テキサスのコレクター 故アン マリオンのコンテンポラリーアートコレクションが、今春サザビーズNYのオークションに出品。予想落札総額$150,000,000(約160億円)(Art Market Monitor)
https://www.artmarketmonitor.com/2021/02/24/collection-of-texas-heiress-anne-marion-expected-to-fetch-150-m-at-sothebys/

3月 海外オークション スケジュール

3月3日 サザビーズ ロンドン コンテンポラリーアート
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-london

3月3日 フィリップス NY NewNow
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010121

3月9日 クリスティーズ NY Post-War to Present
https://www.christies.com/en/auction/post-war-to-present-19808-nyr/overview

3月9日(より入札開始) サザビーズ ロンドン BANKSY(オンラインセール)
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/banksy?locale=en

3月11日 クリスティーズNY FirstOpen(オンラインセール)
https://onlineonly.christies.com/s/first-open/lots/2007

3月12日 サザビーズ パリ NOW!
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/now

3月16日 クリスティーズ ロンドン BANKSY(オンラインセール)
https://www.christies.com/en/auction/banksy-i-can-t-believe-you-morons-actually-buy-this-sh-t-20157-cks/overview

3月23日 クリスティーズ ロンドン イブニングセール
https://www.christies.com/en/auction/20th-century-art-19586-cks/

3月23日 フィリップス ロンドン Out of the Blue: the Enea Righi コレクションセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/UK010621

3月23日 フィリップス ロンドン 20世紀&コンテンポラリー デイセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/UK010221

3月24日 フィリップス ロンドン 20世紀&コンテンポラリー イブニングセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/UK010121

3月25日 クリスティーズ ロンドン コンテンポラリーデイセール
https://www.christies.com/en/auction/post-war-and-contemporary-art-day-sale-19587-cks/

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

1975年生まれ・鎌倉市出身
1998年玉川大学経営工学科卒業
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド 入社
2004年 クリスティーズ(NY) 入社  日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト

read more

海外アートマーケットNews Picks!!:2021年1月

海外アートニュース

2020年 ARTnewsで最も読まれた記事20選(ARTnews)
https://www.artnews.com/list/art-news/artists/2020-top-art-stories-1234580390/metoo-medusa-sculpture-new-york/

2020年 オススメアートドキュメンタリー映画 10選(ARTnews)
https://www.artnews.com/list/art-news/artists/2020-best-art-documentaries-1234580425/pat-steir-artist/

フランシス ベーコンを知るために読むべき5冊(The Art Newspaper)
https://www.theartnewspaper.com/blog/an-expert-s-guide-to-francis-bacon-five-must-read-books-on-the-british-painter

水滴の絵画で抽象表現の新たな可能性を生み出した影響力のある韓国の芸術家、金昌烈が91歳で亡くなった(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/kim-tschang-yeul-dead-1234580909/

財政難のサンフランシスコ アート インスティテュートは有名なディエゴ リベラの作品を映画監督のジョージルーカスに約50億円で売却の計画があり(売却後,書類上所有権は変わるが、今まで通りの展示)、学校側は猛反発を受けていた。結果、サンフランシスコは市の史跡に指定し売却は不可能となった(CNN)
https://edition.cnn.com/style/article/san-francisco-supervisors-diego-rivera-mural-trnd/index.html

エバーソン美術館(シラキュース、NY)がジャクソン ポロックを約13億円で売却し、その基金で新規収蔵した作品とは(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/syracuses-everson-museum-acquisitions-1935829

2002年に管理会社の倒産の為長らく閉園していたベルリンのスプレーパークは45,000,000ユーロ(約60億円)をかけて、ギャラリー・アーティストインレジデンスなどの文化施設へ変貌する工事に着手した(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/east-berlin-theme-park-1935512

EUでは古代美術の作品取引について過去の輸入ドキュメントがないと取引不可というEUの美術品規制。しかしBrexitの為英国では過去のドキュメント無しでも古代美術の作品取引が可能に(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/britain-abandons-eu-regulations-cultural-heritage-1935331

昨年はミレニアル世代がパンデミック渦中のアートマーケットを買い支えた。彼らはジュエリーから日本のウィスキーまで様々なコレクタブルアイテムを購入(The Wall Street Journal)
https://www.wsj.com/articles/millennial-buyers-help-global-art-market-survive-the-covid-pandemic-11609779511

英国では美術品を公立美術館・博物館へ寄贈することで、作品の対価が相続税の控除の対象となる制度がある。昨年は約64,000,000英ポンド(約90億円)相当の美術品が公立館へ。(Art Market Monitor)
https://www.artmarketmonitor.com/2020/12/30/arts-council-england-reports-record-65-m-in-works-allocated-to-public-through-inheritance-tax-program/

ギリシャで約2,000坪の元たばこ工場を、巨大なアートスペースへと変えるプロジェクトがある(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/tobacco-factory-athens-art-space-neon-dimitris-daskalopoulos-1234579344/

オーストラリア・ゴールドコーストで約50億円をかけ6階建てのコンプレックスビルにギャラリーなどが入居したりするHome of the art(HOTA)が4月10日にオープンする(Artforum)
https://www.artforum.com/news/new-year-brings-new-art-spaces-to-australia-84889

ガゴシアンギャラリーは、サンフランシスコのギャラリースペースを閉鎖し、閉館していたマルシアーノ私立美術館の建物をガゴシアンギャラリーが引き継ぐ。これによりガゴシアンギャラリーは新たな展開を生む可能性がある。(マルシアーノはファッションアパレルのGUESS創業者)(Artforum)
https://www.artforum.com/news/gagosian-closes-san-francisco-gallery-84864

パンデミック後アート市場に何が起こるのか。サザビーズが予測する2021年に起こる8つのこと(Art Market Monitor)
https://www.artmarketmonitor.com/2021/01/22/after-pandemics-rapid-change-sothebys-has-8-predictions-for-2021/

作品購入の支払いにもっとも安全な方法。パンデミックの影響でアート業界でもオンライン取引が増加している。一般消費財と違い一点物の取引の為、トラブルがあった場合に代替え品がない。どのような安全な選択があるのか。(Artsy)
https://www.artsy.net/article/artsy-editorial-secure-ways-pay-art

海外アートフェア情報

スイス・バーゼルで開催されるアートバーゼルは9月に延期(ArtReview)
https://artreview.com/art-basel-postpones-june-2021-edition-moves-to-september-covid-19/

フリーズ ニューヨークは5月に予定通り開催予定。会場サイズなどは縮小化。今まで200近かった参加ギャラリーは今回は66ギャラリー。5月6日ー9日(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/frieze-new-york-may-2021-exhibitors-list-1234581425/

オランダのマーストリヒトのTEFAFは9月へ延期。TEFAFニューヨークは2021年度はキャンセルし2022年に延期(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/tefaf-2021-schedule-updates-1234582275/

2021年 世界のアートフェア スケジュール一覧(artnet)
https://news.artnet.com/market/art-fairs-2021-1934713

海外アートオークション情報

クリスティーズのオークション売り上げは、昨年比25%減少で$4,4Billion (約4,800億円)。プラベートセール(相対取引)は昨年比57%増で、$1,3Billion(約1,400億円)。合計で$5,7Billion (約6,200億円)。  リリースによると約25億円以上の作品の売買が昨年より活発で100億円以上の作品が3作品売買された。全落札者のうち36%は新規であった(Art Market Monitor)
https://www.artmarketmonitor.com/2020/12/18/christies-announces-preliminary-2020-results-auction-sales-down-25-to-3-4-bn-4-4-m-private-sales-up-57-to-1-3-m/

サザビーズのオークション売り上げは、昨年比27%減少で約3,600億円。プライベートセール(相対取引)は約1,600億円。合計で約5,200億円。(Art Market Monitor)
https://www.artmarketmonitor.com/2020/12/18/sothebys-announces-prelim-2020-sales-at-5bn-auction-down-27-private-sales-up-50/

2月17日 サザビーズ パリ  クリストとジャンヌ=クロードが所有していたアートコレクションがサザビーズのオークションに出品される。 UNWRAPPED-Hidden World。 様々な建造物を梱包してきた二人のプライベートな世界を紐解く(Sotheby’s)
https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/unwrapped-the-hidden-world-of-christo-jeanne-claude?locale=en

3月25日サザビーズ ロンドンのオークションに、1970年代から個人コレクションとなり公開されることのなかった貴重なアーシル ゴーキーとワシリー カンディンスキーがオークションに出品される。(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/gorky-kandinsky-works-to-debut-at-sothebys-1234582189/

3月23日クリスティーズ ロンドンのオークションに、ホアン ミロ、アレキサンダー カルダー、フェルナンド レジェなど総計約25億円を見込む作品が出品される(Art Market Monitor)
https://www.artmarketmonitor.com/2021/01/27/calder-miro-leger-and-more-expected-to-fetch-22-m-in-christies-london-20th-century-art-sales/

コンテンポラリーアート専門 海外オークション情報

2月17日 サザビーズ Paris ジャンクロード・クリスト 個人コレクションセール
https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/unwrapped-the-hidden-world-of-christo-jeanne-claude?

2月25日 クリスティーズ NY First Openセール
https://www.christies.com/en/auction/first-open-20138-nyr/

3月3日 フィリップス NY NewNow
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010121

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

1975年生まれ・鎌倉市出身
1998年玉川大学経営工学科卒業
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド 入社
2004年 クリスティーズ(NY) 入社  日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト

read more