Born 1978 in Tokyo, Japan
Live and work in Tokyo, Japan

共に1978年、東京都生まれ。同在住。一卵性双生児のユニットで制作活動している。身近なものに手を加えることで、モノの大きさの尺度、時間の認識に問いを投げかける作品を発表している。ロンドン大学スレード校美術学部修士課程修了後、2010年「クリテリオム 78」(水戸芸術館現代美術ギャラリー)、「BigMinis」(ボルドー現代美術館)、2013年「セカイがハンテンし、テイク」(川崎市市民ミュージアム)、2014年「MOTアニュアル2014 フラグメント―未完のはじまり」(東京都現代美術館)、2015年「燕子花と紅白梅 光琳アート 光琳と現代美術」(MOA美術館)、「春をまちながら」(十和田市現代美術館)、「線を聴く」(銀座エルメスフォーラム)に参加。(Saitama Triennale 2016)

高田安規子・政子姉妹は、1978年、東京で、一卵性双生児として生まれる。日本での大学はそれぞれ異なるが、共に芸術系の大学を卒業し、その後そろって渡英、ロンドン大学スレード校で学ぶ。そこで、二人でひとつのアート・ユニットをつくって活動するようになり、イギリスを始め、世界各国の展覧会に、作品を発表することとなる。日本においても、2008年世田谷芸術アワードを受賞、翌年受賞記念展として世田谷美術館で二人の個展が開催されるなど活躍が目覚ましく、現在、東京を拠点に創作活動を展開している。
高田姉妹の作品には、日用品や日常風景が、素材として、あるいはモチーフとして扱われているが、そこに緻密な細工と実際のものからはかけ離れたスケールが与えられる。そのため、人間の知覚は、依拠していた既存の尺度から解放され、事物を新たに捉え直す機会を得る。本展出品作の《切り札》も、刺繍を施したペルシャ絨毯となっているが、一枚一枚デザインの異なるトランプの裏面が描かれている。制作にあたって、作家はすべて裏の模様の異なるトランプ54種類を探し集め、それぞれの模様を生かした小さな絨毯になるように刺繍を施した。トランプは本来「切り札」を意味しており、その数字やマークを裏側に隠す模様がミニアチュールさながらの緻密さで表現されている。そのため、54種のデザインを俯瞰したときの感覚は、曼荼羅のような森羅万象のイメージに直面したときと類似する。(岐阜県美術館 学芸員 西山恒彦、Gifu)

ARTIST NEWS

LINKS

WORKS IN THE COLLECTION