Born 1966 in NYC, USA
Lives and works in Los Angeles, USA

エイミー・アドラーの作品は、アーティスト、主題、鑑賞者の関係性を通じで、著作者という観念を考察している。彼女の描く人物の無機質さ、危うげなはかなさは、その複雑で非常にコンセプチュアルなプロセスから生まれている。まずセットを作り、モデルを配置し、写真を撮り、そのポートレート写真からパステルドローイングを作り、さらにそれを撮影し、できたものを作品とする。ドローイングから写真というように、ある現実が、また別の次元の現実に還元されることにより、主題であるモデルはより人工的でフラットな姿に加工され、オリジナルから遠ざかる。まるで記録の記録の記録という一見不毛に見えるプロセスの中で、主題が巧みに編集され修正され昇華され変化していく、現代の複製事情を模倣しているかのようだ。(「GLOBAL NEW ART TAGUCHI ART COLLECTION #01」2010, 美術出版社, pg 246より)

ARTIST NEWS

LINKS