Born 1982 in Dallas, Texas, USA
Lives and works in Los Angeles, CA

「ネオン・ロデオ」(2007)では拡散する後光、ゆるやかにしたたるペイントが空虚ではあるが力強く雄弁な歓楽街の様子を形作る。現実の風景は奇妙に歪められ、断片化され、幻覚的な空間へと抽象化されており、クロウの言葉を借りれば閉所恐怖症と広場恐怖症のシーソー状態に置かれている。不在の住民を補うかのように場所から発せられるエネルギーが、まばゆい光や躍動感、色の洪水、マテリアルの厚みとなって画面を満たしているものの、ある種のノスタルジー、喪失感がつねに画面につきまとっている。(「GLOBAL NEW ART TAGUCHI  ART COLLECTION #01」2010, 美術出版社, pg 253より)

ARTIST NEWS

LINKS