Born 1967 in Yokohama, Kanagawa, Japan
Lives and Works in New York, USA

1990年和光大学卒業後に渡米、93年ニュ-ヨーク大学芸術学部大学院修了。現在もニューヨークを拠点に活動を行っています。
ドローイング、ペインティング、彫刻、ビデオ、観客と相互的に行うパフォーマンスなど、様々な表現方法を持つ落合の作品からは、日常生活の中でふと感じる些細な世界のずれ、軽さと重さ、ユーモラスなものとシリアスなものの不思議な結びつきを感じることができます。

主な展覧会に、『クリテリオム16 落合多武 “ショッピングバッグ” 』(95年、水戸芸術館、茨城)、『The Bastard Kids of Drella, Part 9』(99年、Le Consortium、ディジョン、フランス)、『幸福の場所を探して』(01年、ワタリウム美術館、東京)『MOT Annual フィクション?―絵画が開く世界』(02年、東京都現代美術館)、『Flashback』(Kunstverein Freiburg、フライブルグ、ドイツ)、『夏への扉―マイクロポップの時代』(06年、水戸芸術館<松井みどりキュレーション>、茨城)、『スパイと失敗とその登場について』(10年、ワタリウム美術館、東京)などがあります。小山登美夫ギャラリーでの個展は、97年、99年、04年、07年、12年に開催。(Tomio Koyama Gallery, Tokyo)

ARTIST NEWS

LINKS

WORKS IN THE COLLECTION