美術館の記事が減りブロックチェーンやNFTに関する記事が増加しています。新たな価値へ世界のメディアも興味津々のようです。

海外アートニュース

約35億円のモネがクリスティーズ NY 5月オークションの新たなスタラクチャーでのハイライトの一つ(artnet)
https://news.artnet.com/market/christies-major-claude-monet-for-may-adjustment-to-sale-categories-1952766

ペースギャラリーは、ハラスメントなどで訴えられている2人のエグゼクティブを要職から解雇し、新たな再編を構築している(artnews)
https://news.artnet.com/market/pace-gallery-executives-accused-of-abuse-depart-company-amid-broader-restructuring-1952731

1960年から草間彌生がお世話になった主治医へ御礼として渡した作品コレクションが5月NYボナムス 出品される。オークションは5月12日NY。 下見会は、4月7日ー22日香港・4月30日ー5月12日NY(artnet)
https://news.artnet.com/market/kusama-doctor-art-auction-1952358

ロンドン ギャラリー ウィークエンドが開催予定。パンデミック後、様々なアートイベントがクローズしたが、再開の動きの一つ。6月4日ー6日の3日間。スモールギャラリーからガゴシアンまで約80ギャラリーが参加予定。(artnet)
https://news.artnet.com/market/deubt-london-gallery-weekend-1952681

美術館はこれまで貸出作品の輸送に随行するクーリエに多額のコストを負担してきたが、新技術の進化によりバーチャルクーリエを可能にすればこのコストを抑えられる。(artnet)
https://news.artnet.com/exhibitions/virtual-couriers-rembrandt-1952668

サザビーズNY 4月にデジタルアーティストPAKの作品をオークションで扱うと発表。作品は1点のユニーク作品とオープンエディションでトークンを買う形式を用意。(CNBC)
https://www.cnbc.com/video/2021/03/16/sothebys-ceo-on-collaborating-with-digital-artist-pak-to-sell-nfts.html

この30年間Annabelle Selldorfは様々なアートコレクションを展示する美術館や個人宅の建築を手がけてきた。コレクターハウスの紹介。(Galerie)
https://www.galeriemagazine.com/annabelle-selldorf-westchester-new-york/

アートバーゼルのオンライン・ビューイング・ルーム(OVR)でPioneersのセクション(20世紀のアートと2020年に製作されたアートの構成)では堅調な売り上げが見られた(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/art-basel-pioneers-2021-sales-report-1234587972/

ギャラリーのAlmine Rechはスイス・アスペンにポップアップギャラリーを開設。パリ・ロンドン・NY・上海に続いての支店。”我々はコレクターがいるところに行く”。 昨年はコロナ禍で、メガギャラリーはNY州ハンプトンにポップアップを開設するギャラリーが多かった。(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/almine-rech-aspen-pop-up-1234587608/

ビリオネアのマーク キューバンはNFTの為のデジタルアートギャラリーを構築している(The Block)
https://www.theblockcrypto.com/post/98974/mark-cuban-digital-art-gallery-nft

ルーブル アブダビはパンデミックで経済が停滞する中でも27点の新規収蔵をした。ハイライトはジョルジュ・ド・ラ・トゥールを約5億円で。北斎の神奈川沖浪裏も含まれている(artnet)
https://news.artnet.com/market/louvre-abu-dhabi-1953947

デジタルアート市場が加熱する中、ベルリンのKönigギャラリーはバーチャルブロックチェーンギャラリーショーを開催(artnet)
https://news.artnet.com/exhibitions/konig-gallery-decentraland-show-1953730

2018年クリスティーズが開催したART&TECHサミットで、無料でNFT(トークン)を配ろうとしたが、参加者300人中手を挙げたのは12のみだった。現在、受け取った1人はNFTを100万円以上で売却している(artnet)
https://news.artnet.com/opinion/christies-nft-giveaway-1952860

アーティスト加藤泉はペロタンNYの空間を彼の絵画・立体作品・インスタレーションの全種類を展示していかに変えたか(展示は4月17日まで)(Galerie)
https://www.galeriemagazine.com/izumi-kato-perrotin/

桶田ご夫妻のコレクション形成のいきさつや今後の展望などのインタビュー(Larry’s List)
https://www.larryslist.com/artmarket/the-talks/the-oketas-love-at-first-sight/

予測不可能な将来の中、16グローバルデザインコンセプト(The New York Times)
https://www.nytimes.com/2021/03/28/arts/design/designers-global-challenges.html

海外コンテンポラリーアート オークション情報

4月7日〜 サザビーズ ロンドン Curated(オンラインセール)
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-curated-3

4月15日 フィリップス ロンドン コンテンポラリーアート イブニングセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/UK010121

4月16日 フィリップス ロンドン コンテンポラリーアート デイセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/UK010221

4月16日 フィリップス ロンドン コレクションセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/UK010621

4月19日 サザビーズ 香港 コンテンポラリーアート イブニングセール
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-evening-sale

4月20日 サザビーズ 香港 コンテンポラリーアート デイセール
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-day-sale

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

1975年生まれ・鎌倉市出身
1998年玉川大学経営工学科卒業
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド 入社
2004年 クリスティーズ(NY) 入社  日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト