海外アートマーケットNews Picks!!:2021年12月

今年はNFT元年ともいうべき年でした。コロナで様々な業界が厳しい中オークション会社は海外・国内問わず最高記録を出すなどの活況が目立ちました。海外では数十億円規模の文化投資が各国で行われていますが日本の現状に危惧してしまう年末です。

海外アートニュース

アートバーゼル マイアミのベストブース14選(ARTnews)
https://www.artnews.com/list/art-news/artists/art-basel-miami-beach-2021-best-booths-1234611797/

1984年アンディー・ウォーホルは、Lynn Goldsmith が撮影した歌手プリンスのポートレート写真を使用して作品を制作したが、Goldsmith 側は許可無く自身の画像を使用されたとして訴訟を起こしている。ウォーホール財団は敗訴したが上告し最高裁へ …。(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/warhol-foundation-lynn-goldsmith-prince-portraits-supreme-court-petition-1234613026/

チームラボは似たような没入型作品を制作した中国企業へ訴訟を起こし勝訴した。(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/teamlab-wins-copyright-case-china-2049729

メラニア・トランプは彼女の独自のNFTプラットフォームを開始した。元大統領夫人として最初の活動となる。”このプラットフォームを通じて子供たちのコンピューターサイエンススキルを向上させ、プログラミングやソフトウェアの発展に寄与したい”(artnet)
https://news.artnet.com/market/melania-trump-launched-nft-platform-first-offering-watercolor-eyes-branded-amulet-inspire-2049967

イタリア ウフィツィ美術館と上海 Bund One 美術館はイタリア・ルネサンスの傑作を含むフィレンツェ美術館の作品を特集した5年間で上海で10回の展示会を予定する協定に署名した(Ministry of Foreign Affairs and International Cooperation, Italy)
https://www.esteri.it/en/sala_stampa/archivionotizie/comunicati/2021/11/firmato-accordo-uffizi-bund-di-shanghai-di-maio-racconto-a-tutto-tondo-del-nostro-paese-e-delle-sue-meraviglie/

同じ版画を所有している別々の2人は各々のNFTを作成できるのか?アメリカ著作権協会の Katarina Feder が全ての質問に答えます(artnet)
https://news.artnet.com/opinion/know-rights-november-2040760

元クリスティーズの Loïc Gouzer はNFTの新会社”Particle”を設立。第1弾としてバンクシーの《 Love is in the Air 》を先日のオークションで$12.9Mで購入、これをNFTで分散所有化する。10,000NFTをトークン化し、2022年1月10日〜14日の間に1NFTあたり1,500米ドルで売り出す。(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/particle-nfts-banksy-1234610311/

米国ワシントンD.C. のハーシュホーン美術館は、杉本博司が設計した彫刻庭園計画がボードメンバーから承認を得た(ArtDaily)
https://artdaily.cc/news/141791/Hirshhorn-wins-approval-for-Hiroshi-Sugimoto-s-Sculpture-Garden-revitalization

故ラガーフェルドの遺品(アート、服飾、その他)などがサザビーズでオークションにかけられ総額$13.5Mになった(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/karl-lagerfeld-sale-monaco-2044912

クリスティーズは OpenSea という会社のプラットフォームを利用して新たにNFTのオークションを開催した。従来のオークションと違いエスティメートが表示されない、など仕組みの違いもあったのか結果はあまり伸びなかった(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/christies-opensea-nft-sale-1234612759/

ARTBnkがデロイトの2021年アート&ファイナンスレポートの各スライドを引用掲載。引き続きアートの所有や65%のコレクターは作品の資産継承サービスに相談し、美術品を担保にしたアートローンは2019年から1.5倍に増加し、成長している。(ARTBnk)
https://www.artbnk.com/blog/2021/12/9/art-as-a-financial-asset-deloitte

2021年、マーケットトレンドを変えたオークション落札結果5選。① Beeple、 ② Banksyの刻まれた作品の再オークション、③ Frida Kahlo($35M)、④サザビーズがラスベガスで開催したMGMリゾーツのピカソ10作品オークション、⑤アフリカ系アメリカ人アーティスト Robert Colescott の作品を落札したのはジョージ・ルーカスだった。2023年に開館する美術館のコレクション(LiveArt)
https://liveart.io/blogs/editorials/five-sales-that-changed-the-art-market-in-2021

ブロンクス美術館は開館50年経過し、約23億円の寄付により改装を始める。館長は「改装後はもっとローカルコミュニティーと距離の近い美術館を目指す」とコメント(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/bronx-museum-announces-50th-anniversary-transformational-renovation-2050029

シャネルは2021年のアワード受賞者10名を発表した。このアワードはアート、ミュージシャン、パフォーマンスなどの分野から選出。各作家に100,000ユーロが贈られる。シャネル・カルチャー・ファンドは、パリ・ポンピドゥセンター、ロンドン・ナショナルポートレートギャラリー、ロサンゼルス・アンダーグラウンド美術館、モスクワ・GES-2と連携して文化支援を行っていく(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/chanel-next-prize-2021-winners-1234613106/

サザビーズは2021年$7,300,000,000(約8,200億円)と売り上げを発表。過去最高(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/sothebys-2021-sales-record-1234613533/

クリスティーズは2021年$7,100,000,000(約8,000億円)と売り上げを発表。この5年間で最高金額となった(artnet)
https://news.artnet.com/market/christies-reports-2021-results-best-five-years-2052122

フィリップスは2021年$1,200,000,000(約1,300億円)と売り上げを発表。2019年の売上高から35%のアップを記録。香港の本社は西カオルーン地区に新社屋を構える。「この社屋を構えることにより今までホテルを利用していた段階から一段階上がり、常にオークションやプライベートセールを開催できる体制を整えた」とコメント(artnet)
https://news.artnet.com/market/phillips-expanding-asia-west-kowloon-2049977

海外アートフェア情報

2月17日 – 20日 フリーズLA ロサンゼルス
https://www.frieze.com/fairs/frieze-los-angeles

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

大学卒業後
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
2004年 クリスティーズ(NY) 日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト
2021年 大胡アートアドバイザリー合同会社 設立

海外アートマーケットNews Picks!!:2021年11月後半

影響力のある100人は、キュレーターや哲学者なども多数掲載されていますが1位は”NFT”でした。私には個々の作品の芸術性がどこに存在するのかまだ理解不足ですが2021年はNFT元年とも言える年です。海外では相変わらず数十億円規模の美術館寄付や改築が進んでいます。

海外アートニュース

ArtReviewが提供するアート界における影響力のある100人。トップ20人中5人は“Thinker”という肩書き。哲学。(ArtReview)
https://artreview.com/power-100/

2008年ロシアのビリオネア、Dasha Zhukova と Roman Abramovich(元夫婦)によって建設されたモスクワのガレージ美術館は日本人建築家SANAA(西沢立衛と妹島和世)の設計により拡張される(Artforum)
https://www.artforum.com/news/moscow-s-garage-museum-to-expand-in-gorky-park-87267

ベビーブーマーが OLD AGE に入り始め、米国の美術館はヤングパトロンなど若い世代の取り込む施策を数多く行い始めている。ダラス美術館は2019年の展覧会オープニングでDJを呼んで若者向けパーティーを開催。メトロポリタン美術館は$600ー$10,000で若者会員。グッゲンハイム美術館は Young Collectors Council など。現代の若い世代は様々なバックグランドの人物で形成されていて今後が楽しみ(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/state-of-museum-young-patron-groups-diversity-1234610239/

ベルリン・マイアミ・上海に Fotografiska という写真美術館が開館する(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/fotografiska-berlin-miami-shanghai-expansion-1234611328/

2016年に亡くなった女性建築家 Zaha Hadid 設計の新建築が中東の3都市(アラブ、サウディアラビア、イラク)で2022年に竣工する(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/zaha-hadid-riyadh-central-bank-iraq-opening-dates-1234611050/

ロサンゼルスカウンティ美術館10年以上キュレーターを勤めている Christine Y. Kim は2022年1月より英国 Tate美術館のキュレーターとなり、ロンドンとロサンゼルスを拠点に北米現代作家のリサーチやコレクション収蔵の仕事をする(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/christine-y-kim-tate-curator-at-large-1234611006/

ブルックリン美術館はニューヨーク市から約57億円が寄付された。この金額は過去最大であり、今後美術館内部の、自然光が入りやすい天井やプロジェクションに対応した壁の増設など改築・改装費用に充てられる(Artforum)
https://www.artforum.com/news/brooklyn-museum-receives-transformative-50-million-gift-from-new-york-city-87294

オルタナティブ投資専門の Yieldstreet はコンテンポラリーアート専門のファンドを開始した。一口$10,000。5年で15%〜17%を目指す(CNBC)
https://www.cnbc.com/2021/11/12/yieldstreet-launches-fund-for-smaller-investors-to-bet-on-art-.html

香港のクリプト通貨プラットフォーム企業CEOの Justin Sun(31歳)は先日のサザビーズオークションでジャコメッティの《 Le Nez(1947)》 を約80億円で落札したと公表。若いクリプト起業家の高額作品購入は Justin Sun だけではなく、スイスのベンチャー企業の Ryan Zurrer(38歳)はクリスティーズオークションで Beeple の《 Humane(One)》 を約27億円で落札(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/justin-sun-buys-giacometti-sothebys-macklowe-collection-1234610241/

新興のデジタルアートベンチャー企業(DMINTI)は有名アーティストのNFT市場への参入の企画提供を始めている。まずは作家の David Salle など(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/david-salle-nft-dminti-1234610301/

シカゴとNYが拠点の Gray Gallery(アレックスカッツなどが所属)は新たに Torkwase Dyson を所属作家に加えた。Dyson の作品テーマは、Black and Brown people のムーヴメントや先祖などのルーツからの解放。(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/torkwase-dyson-gray-gallery-representation-1234610337/

KAWSは『コレクターを混乱させ欺くための計算されたスキームがある』とECサービスサイトである Homeless Penthouse を訴えた。このサイトは Jeff Koons や 村上隆 やCHANELのロゴ入り家具や日用品を専門に扱っている(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/kaws-lawsuit-homeless-penthouse-1234610714/

米国マサチューセッツのある男性は遺品セールで$30でドローイングを購入したが、このドローイングは Albrecht Dürer の真作で約56億円の価値があることが判明。現在ロンドンの Agnews Gallery で展示しており購入希望者を探している(artnet)
https://news.artnet.com/market/four-years-ago-massachusetts-man-bought-drawing-30-estate-sale-may-authentic-durer-worth-eight-figures-2037727

メトロポリタン美術館は、Oscar L. Tang 夫妻から約140億円の超大型寄付があった。これによりMetは近代・コンテンポラリーアート館の改装や作品購入の充実さをはかれる。NYにはMoMAやホイットニー美術館など既に近現代美術を網羅する美術館はあるが、メトロポリタン美術館としての立ち位置は。Tang は「メトロポリタンのみが人類の芸術的歴史を古代から見れる唯一の美術館でありその流れで近現代美術があることは重要な意味がある」(ArtDaily)
https://artdaily.cc/news/141631/With–125-million-gift–Met-Museum-jump-starts-new-modern-wing

米国ヘッジファンドマネージャーの ケネス・グリフィン は米国憲法の希少な最初の印刷物を約47億円で落札した。アーカンソー州のクリスタルブリッジ美術館(Walmart創業者が建設した美術館)へ貸し出すと発表。入札については、17,000人がお金を出し合った最大のクラウドファンディング『ConstitutionDAO』が準備した入札金額を簡単に飛び越して落札。実際の入札で$14Mまで上がり$1M毎の入札であったが、グリフィンはそこで$30M!と自身で高額な金額を指して落札した。(槍を投げた、ですかね…。)(artnet)
https://news.artnet.com/market/billionaire-collector-kenneth-griffin-new-owner-constitution-2037919

海外アートオークション情報

12月7日 フィリップス NY デザイン(家具)セール
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY050521

12月8日 サザビーズ NY デザイン(家具)セール
https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/important-design-6

12月9日 フィリップス ロンドン NewNow 
https://www.phillips.com/auctions/auction/UK010821

12月9日 クリスティーズ NY デザイン(家具)セール
https://www.christies.com/en/auction/design-29120/

12月15日 クリスティーズ NY ファーストオープン(オンライン)
https://onlineonly.christies.com/s/first-open-online-post-war-contemporary-art/lots/3209

12月17日 サザビーズ NY コンテンポラリーアート(オンライン)
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-2

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

大学卒業後
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
2004年 クリスティーズ(NY) 日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト
2021年 大胡アートアドバイザリー合同会社 設立

海外アートマーケットNews Picks!!:2021年11月前半

11月はNYで大きなオークションシーズンでしたので、ギャラリーでも様々な展示がされたようです。やはり実際に見たいですね。あるメガギャラリーの人は、成りすましでの送金搾取などが増えていると気にしていました。
海外での文化事業について、2回に1回は100億円規模の寄付や改築をお伝えしている気がします。海外は動いていますね。

海外アートニュース

オランダ ロッテルダムで新たな美術品倉庫が一般公開型でオープン(Artforum)
https://www.artforum.com/news/depot-boijmans-van-beuningen-to-open-to-public-with-150k-works-on-view-87145
この倉庫の日本参考記事(architecturephoto®)
https://architecturephoto.net/118722/

4日間のNFTカンファレンスがNYで開催され大盛況であった。カンファレンス後には Creative Artists Agency(ハリウッド4大エージェンシーの一つ)、サザビーズ、Serotonin(Cryptoマーケティング会社)などが合同でパーティーを開催し、エンターテイメント・アート・ITスタートアップから様々な有名人が参加し新たな潮流を感じる(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/nft-nyc-conference-parties-1234609312/

カナダのバンクーバーアートギャラリー(美術館)は住宅事業で成功したAudain財団より約114億円の寄付があった。これはバンクーバーでの約380億円規模の文化施設改築などに当てられこの寄付により来年には着工可能にした。写真は Michael Audain と奥様の カラサワ ヨシコさん(ArtDaily)
https://artdaily.cc/news/140854/Vancouver-Art-Gallery

ARTnews が企画するエキスパートとめぐる旅行プラン。ベルリン、韓国、ロサンゼルス、サンタフェ。(このプランでの訪問先はいつか行く時のために参考になるかも)(ARTnews)
https://www.artnews.com/travel-program/berlin-2022/

BTSからイカゲームまで、韓国がどのようにして世界標準のドラマやアーティストを作り上げられたのか(原文The New York Timesの記事)(ArtDaily)
https://artdaily.cc/news/140811/From-BTS-to–Squid-Game

作家 John Baldessari が住んでいたサンタモニカの家が$3,900,000で売りに出ている。(designboom)
https://www.designboom.com/architecture/inside-artist-john-baldessari-santa-monica-home-11-07-2021/

2020年以来の顧客をオークションルームで参加したライブオークションは約250億円の好成績で終わった。その他10人の作家の記録更新があった。Peter Doig, Nicolas Party, Hilary Pecis など(artnet)
https://news.artnet.com/market/christies-21st-century-evening-sale-nov-2021-2032451

悪名高いディーラー Inigo Philbrick は連邦裁判所で有罪判決を受けた。所有していない高額作品情報を利用して投資家から投資を募ったり、個人情報の成りすましなどで20億円以上を稼いでいた(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/art-dealer-inigo-philbrick-set-to-plead-guilty-2028323

作家 Shara Hughes は David Kordansky Gallery の所属となった。Shara Hughes は現在のオークションでもエスティメートの何倍もの金額で落札される人気作家(ArtDaily)
https://artdaily.cc/news/140825/Shara-Hughes-joins-David-Kordansky-Gallery

ルイヴィトンは2021年新作バッグにアーティストとのコラボ作品を発表。Vik Muniz, Paola Pivi, Zeng Fanzhi 他(Galerie Magazine)
https://galeriemagazine.com/louis-vuitton-artycapucines-2021/

海外アートフェア情報

12月2日ー4日 アートバーゼル マイアミ 
https://www.artbasel.com/miami-beach

海外アートオークション情報

11月17日 フィリップス NY イブニングセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010721

11月18日 フィリップス NY デイセール(Morningセッション)
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010821

11月18日 フィリップス NY デイセール(Afternoonセッション)
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010921

11月18日 サザビーズ NY NOW イブニングセール
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/the-now-evening-auction

11月18日 サザビーズ NY イブニングセール
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-evening-auction-3

11月19日 サザビーズ NY デイセール
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-day-auction-5

11月29日 フィリップス 香港 デイセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/HK010421

11月30日 フィリップス 香港 イブニングセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/HK010321

12月1日 クリスティーズ 香港 イブニングセール
https://www.christies.com/en/auction/20th-21st-century-art-evening-sale-27998/

12月2日 クリスティーズ 香港 21世紀アート デイセール
https://www.christies.com/en/auction/21st-century-art-day-sale-28000/

12月2日 クリスティーズ 香港 20世紀アート デイセール
https://www.christies.com/en/auction/20th-century-art-day-sale-27996/

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

大学卒業後
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
2004年 クリスティーズ(NY) 日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト
2021年 大胡アートアドバイザリー合同会社 設立

海外アートマーケットNews Picks!!:2021年10月後半

世界は年末に向けて動いている雰囲気。コロナ禍にも関わらず、世界のトップコレクターの健在ぶりや新進作家のオークション最高値更新など情報がまとまり始めています。

海外アートニュース

2021年版世界のトップコレクター200人!(artnews)
https://www.artnews.com/art-collectors/top-200-profiles/?filter_top200year=2021

世界のトップコレクター200のコレクター達が今年(2021年)に購入した作品とは(artnews)
https://www.artnews.com/gallery/art-news/photos/top-200-collectors-2021-purchases-1234605662/

10月オークションでブレイクした新進作家たち(Artsy)
https://www.artsy.net/article/artsy-editorial-8-artists-breakout-moments-october-auctions

10人のアート業界エキスパートに聞いた ”この先10年で将来性のある作家は?”(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/artists-to-watch-from-intel-2021-2018264

FIACで売れた作品(画像あり)(Artsy)
https://www.artsy.net/article/artsy-editorial-sold-fiac-2021

中国北京市とイタリア ブレシア市は、政治内容を多く含むアーティスト Badiucao の展示をめぐり対立している(The Art Newspaper)
https://www.theartnewspaper.com/2021/10/26/chinese-dissident-artist-badiucao-censored-embassy-ministry-brescia-exhibitions-museums

1951年のイームスのキャビネット。現在95才の未亡人が、当時$100で購入したキャビネットを引っ越しの為オークションで売却したら$48,000の作家記録となった。購入当時未亡人は好きでは無かったが、建築家であった亡き夫は「デザインが革新的だ」と気に入っていた(artnet)
https://news.artnet.com/market/eames-storage-cabinet-auction-record-2026773

ホイットニー美術館は、大量のアンディ・ウォーホルのフィルム作品、資料をNY近代美術館(MoMA)へ移管すると発表。これはリサーチの上でも重要な資料となり、今後MoMAとウォーホル美術館との協業で、フィルムのデジタル化が進めばより多くの人に知ってもらえるだろうとコメント。(Artforum)
https://www.artforum.com/news/whitney-gives-warhol-film-archive-to-moma-87055

香港では映画検閲条例が施行され新作だけでなく過去の映画にも検閲を入れる可能性(Artforum)
https://www.artforum.com/news/hong-kong-passes-hardened-film-censorship-law-87059

英国は文化団体への総予算が約1,400億円計上した。素晴らしい金額だが、昨年より下回っている(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/uk-budget-ax-relief-museums-2026999

フォトショップは近々 ”NFT化する” というメニューボタンを装備予定と発表。作品製作者がきちんと反映される為の機能(The Verge)
https://www.theverge.com/2021/10/26/22745506/adobe-nft-art-theft-content-credentials-opensea-rarible-photoshop

海外アートフェア情報

11月11日-14日 上海 Westbund
http://www.westbundshanghai.com/index.php/Index/

海外コンテンポラリーアート オークション情報

今月はNYがオークションウィークです。

11月9日 クリスティーズ NY イブニングセール
https://www.christies.com/en/auction/21st-century-evening-sale-20095-nyr/

11月11日 クリスティーズNY イブニングセール
https://www.christies.com/en/auction/20th-century-evening-sale-20180-nyr/

11月12日 クリスティーズ NY デイセール
https://www.christies.com/en/auction/post-war-and-contemporary-art-day-sale-29242/

11月15日 サザビーズ NY Mackloweコレクションセール
https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/the-macklowe-collection

11月17日 フィリップス NY イブニングセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010721

11月18日 フィリップス NY デイセール(Morningセッション)
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010821

11月18日 フィリップス NY デイセール(Afternoonセッション)
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010921

11月18日 サザビーズ NY イブニングセール
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-evening-auction-3

11月18日 サザビーズ NY NOWイブニングセール
https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/the-now-evening-auction

11月19日 サザビーズ NY デイセール
https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/contemporary-day-auction

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

大学卒業後
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
2004年 クリスティーズ(NY) 日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト
2021年 大胡アートアドバイザリー合同会社 設立

海外アートマーケットNews Picks!!:2021年10月前半

アート業界でもやはり世界の目線はアジア市場に注がれているのを実感します。東京はスルーされているところはありますが、オークションやアートフェアでは新たな日本人作家も台頭してきている良い兆しもありました。

海外アートニュース

アート業界のエキスパート10人に聞いた、向こう10年でアート業界の新たな行き先となりえる都市は?(東京は入ってませんでした。)(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/intelligence-report-fall-2021-next-big-art-city-2018276

北京では15の影響力のある欧米ギャラリーが組んで、保税地区で3ヶ月のポップアップショップを展開する。(artnet)
https://news.artnet.com/market/blue-chip-galleries-beijing-pop-up-2018247

グッゲンハイム美術館の役員会はビリオネアの J. Tomilson Hill(ヘッジファンドマネージャー)が会長に就任し、役員の1人に黒人女性としては2人目の Claudia Rankine が就任(The New York Times)
https://www.nytimes.com/2021/10/04/arts/design/guggenheim-board-tomilson-hill-claudia-rankine.html

Peter Brant が所有しているウォーホルが描いたバスキアのポートレートが11月NYクリスティーズに出品される(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/andy-warhol-jean-michel-basquiat-portrait-peter-brant-christies-1234605567/

22年間行方不明であったクリムトのポートレートがローマの美術館で展示される(USA TODAY)
https://www.usatoday.com/story/travel/2021/10/01/klimt-portrait-missing-22-years-star-rome-show/5952255001/

ジバンシーのデザイナーである Matthew Williams はアーティストの Josh Smith とのコラボレーションを発表(VOGUE)
https://www.vogue.com/article/matthew-m-williams-josh-smith-givenchy

サザビーズ香港コンテンポラリーアートオークションの結果は春より総売り上げは下がったが、これは優良作品の供給が減少していたためであり、翌日のデイセールでは高額結果が相次いだ(Art Market Monitor)
https://www.artmarketmonitor.com/2021/10/14/contemporary-cools-in-sothebys-97-8m-hk-sale-as-demand-shifts-to-new-discoveries/

マイケル・ジョーダンの若い頃試合で使用したバスケットシューズがサザビーズに出品される。エスティメートは$1,000,000-1,500,000(Robb Report)
https://robbreport.com/shelter/art-collectibles/michael-jordan-game-worn-nikes-auction-1234640620/

ARTBnkが提供する2021年Q3アートマーケットレポート(ARTBnk)
https://www.artbnk.com/blog/2021/10/14/q3-market-report

フリーズマスターズ(アートフェア)は韓国アートにフォーカスして展示。その他例年よりもスローな売り上げだが数億円の作品も売れている(artnet)
https://news.artnet.com/market/frieze-masters-report-2021-2019895

海外アートフェア情報

10月21日ー24日 FIAC パリ
https://www.fiac.com/en-gb.html

海外アートオークション情報

11月9日 クリスティーズ NY イブニングセール
https://www.christies.com/en/auction/21st-century-evening-sale-20095-nyr/

11月17日 フィリップス NY イブニングセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010721

11月18日 サザビーズ NY イブニングセール
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-evening-auction-3

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

大学卒業後
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
2004年 クリスティーズ(NY) 日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト
2021年 大胡アートアドバイザリー合同会社 設立

海外アートマーケットNews Picks!!:2021年9月後半

アートバーゼルではどこもよく売れているそうです。没入型の展覧会は今後新たな潮流を作る気がします。最近NYのメガギャラリーでの、有名作家の鞍替えのようなギャラリー移籍が続いていますね。10月は香港でサザビーズのオークション、ロンドンではフリーズやオークションなどが開催されます。

海外アートニュース

終了したアートバーゼルの9つの売却ハイライト作品(ARTnews)
https://www.artnews.com/gallery/art-news/photos/art-basel-switzerland-2021-sales-highlights-1234604618/

Gagosian Gallery は英国のBrexitの影響を考慮し、パリに3つ目のギャラリースペースを開設する(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/gagosian-third-paris-location-1234604020/

クリスティーズ・ロンドンではフリーズと同時期に、ナイジェリア系英国人のキュレーター Aindrea Emelife による黒人アート展を開催する。ブームとは違う流れを見せたい。(artnet)
https://news.artnet.com/market/christies-london-survey-black-british-art-fall-2009500

ミニマリズムの巨匠ドナルド・ジャッド財団は10年以上所属した David Zwirner Gallery から Gagosian へ所属を変更した(artnet)
https://news.artnet.com/market/gagosian-is-now-representing-the-donald-judd-foundation-2009829

米国での没入型のゴッホ展が大成功している。ネットフリックスのドラマ”Emily in Paris”でも紹介された後押しもあるかもしれないが、チケットは320万枚売り上げている。パンデミックの中、映像を駆使し新たな展覧会成功例として注目されている(Bloomberg)
https://www.bloomberg.com/news/features/2021-09-14/the-explosion-of-digital-vincent-van-gogh-exhibits

メトロポリタン美術館は、パンデミックによる収入減を補うため、収蔵品の中から写真・版画作品合わせて219作品を今秋。クリスティーズのオークションに出品する(artnet)
https://news.artnet.com/market/met-deaccessioning-prints-photos-2010237

英国ナショナルギャラリーのルーベンスは新たな調査・研究を終え贋作であった、と結論づけた。(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/ai-national-gallery-rubens-not-authentic-2013830

デザインマイアミ(アートフェア)は、来春カタール・ドーハでも開催すると発表(有名アートフェアがブランド化され世界の都市で拡がりつつあります。FRIEZEソウルなど)(The Art Newspaper)
https://www.theartnewspaper.com/2021/09/24/design-miami-is-expanding-to-qatar

米国・マイアミの個人コレクター・Rubell Museumオーナー Rubell夫妻は、来年新たにワシントンD.C.に美術館を建設すると発表(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/rubell-museum-washington-dc-2013315

アートディーラーの Vito Schnabel とIT起業家の Gary Vaynerchuk が組んでアーティストのための新たなNFTプラットフォームを作る(artnet)
https://news.artnet.com/market/vito-schnabel-vaynerchuk-nft-platform-2013018

サンフランシスコ近代美術館で Joan Mitchell の回顧展が開催されている。学生時代のキュビズムのスタイルから亡くなる直前までの80点以上のキャンバス作品を展示。彼女の再評価が一段と高まっている。(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/joan-mitchell-retrospective-sfmoma-2010218

米国、DIAアート財団とテキサス ヒューストン美術館は共同で Sam Gillmann の作品を購入した。DIAビーコンに納入されるが、来年春から5年間はヒューストン美術館で展示され、その後またDIAビーコンへ戻る。パンデミックで財政難の美術館業界では、共同購入は新たな潮流となるか?(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/art-museum-joint-acquisitions-collaborations-1234604356/

自分のコレクションにある作品をNFTにしたら訴えられますか? あなたの権利は作家と同等と思いますか?今まではっきりとしたガイドラインがなかった。米国アーティスト著作権協会の Vice President, Katarina Feder が多くの質問に答えます。(artnet)
https://news.artnet.com/opinion/know-your-rights-september-2014639

大英博物館もNFTの世界へ。まずは収蔵品の北斎、神奈川沖浪裏やそれ以外約200点をデジタル化して定価で販売(The Guardian)
https://www.theguardian.com/technology/2021/sep/24/british-museum-nfts-digital-hokusai-postcards-lacollection

海外アートフェア情報

10月13日ー17日 FRIEZE ロンドン
https://www.frieze.com/fairs/frieze-london

10月15日ー17日 KIAFアートフェア ソウル
https://kiaf.org

10月21日ー24日 FIAC パリ
https://www.fiac.com/en-gb.html

海外アートオークション情報

10月7日 サザビーズ ロンドン デイセール
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/design-2

10月9日 サザビーズ 香港 イブニングセール
https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/contemporary-art-evening-sale-hk1141

10月10日 サザビーズ 香港 デイセール
https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/contemporary-art-day-sale-HK1142

10月14日 フィリップス ロンドン デイセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/UK010721

10月14日 サザビーズ ロンドン イブニングセール
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-evening-auction-2

10月15日 クリスティーズ ロンドン イブニングセール
https://www.christies.com/en/auction/20th-21st-century-evening-sale-including-thinking-italian-london-29218

10月15日 フィリップス ロンドン イブニングセール
https://www.phillips.com/auctions/auction/UK010921

10月16日 クリスティーズ ロンドン デイセール
https://www.christies.com/en/auction/post-war-and-contemporary-art-day-sale-29217

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

大学卒業後
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
2004年 クリスティーズ(NY) 日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト
2021年 大胡アートアドバイザリー合同会社 設立

海外アートマーケットNews Picks!!:2021年9月前半

この半年、海外都市では数百億円規模の文化施設の改築がありました。日本はもう取り残されている感じはあります。海外アートフェアはガイドラインに則って再開が多くなりました。オークションも10月・11月には大型コレクションの出品が予定され、またマーケットの動きが活発になりそうです。

海外アートニュース

エンジェル投資家はなぜ今、IT企業関連のNFTプラットフォームや自動査定システムなどアート関連スタートアップに数億円という金額を投資するのか(The Art Newspaper)
https://www.theartnewspaper.com/comment/where-angels-fear-to-tread

アートバーゼルは直前に控えた人員導入のフェアに、コロナ・デルタ株による影響で出展ギャラリーの経済的影響を助けるため、一回のみのファンド(約1億7,000万円)を組成した。申請した出展ギャラリーは出典料を10%ディスカウントされる。ファンドとは別に、フェアは、フェアの為に出張するギャラリースタッフのコロナ検査が陰性であれば宿泊費用の追加負担なども提供する。(artnet)
https://news.artnet.com/market/art-basel-solidarity-fund-2005916

サザビーズNYでNFT“Bored Apes“が約25億円で落札された(artnet)
https://news.artnet.com/market/bored-ape-nfts-26-million-sothebys-record-2007862

ロンドンのバービカンセンター(文化複合施設)は、約225億円の改築に入る。1982年に映画館3館・ギャラリースペース2箇所・その他劇場もある施設。TATEに続くロンドン市としては大型の文化施設に対する文化的投資(London Evening Standard)
https://www.standard.co.uk/news/london/barbican-centre-revamp-cultural-london-cinema-b954267.html

Jeff Koons はNFT作品を制作することを発表。過熱する市場に参戦(The Art Newspaper)
https://www.theartnewspaper.com/news/jeff-koons-nfts-salvador-dali-pace-gallery-venus-sculpture-lawsuit-reveal

Harry & Linda Macklowe の離婚財産分与の為に約660億円のアートコレクションが今秋サザビーズに出品される(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/market/macklowe-sale-announcement-1234603163/

ボストン美術館は新たに服飾部門を設立し Theo Tyson を任命し20世紀〜21世紀のファッションのコレクション形成を担う(ArtDaily)
https://artdaily.com/news/139191/MFA-Boston-appoints-theo-tyson-as-Curator-of-Fashion-Arts#

NYの4人の強力なディーラーが業務提携し伝統的なアート業界のビジネス形態を覆す。Dominique Lévy, Brett Gorvy, Amalia Dayan, Jeanne Greenberg Rohatyn の4人。アート業界の企業化が進んでいる。(The New York Times)
https://www.nytimes.com/2021/08/31/arts/design/art-gallerists-lgdr-consortium.html

バンクシーの贋作NFTが3,700万円で売却されたが後日バンクシー側が犯人特定し返金された(BBC)
https://www.bbc.com/news/technology-58399338

ロサンゼルスのギャラリスト、デービット・コダンスキーの自宅。彼のセンスで飾られたインテリアが素晴らしい。(W Magazine)
https://www.wmagazine.com/culture/david-kordansky-mindy-shapero-los-angeles-home

シリコンバレーの投資家は、2022年にサンフランシスコに新たなコンテンポラリーアートを応援する美術館施設を設立。コレクションは持たず、現代アートの作家と街の成長を助ける為に。(サンフランシスコでは、IT企業投資家のAndy Rappaportが文化慈善事業としてMinessona Street Projectという現代アートの紹介施設を運営し成功しおり協業する予定)(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/the-institute-of-contemporary-art-san-francisco-2006599

海外アートフェア情報

9月20日ー26日 LISTEアートフェア・バーゼル(スイス)
https://www.liste.ch/en/home.html

9月20日ー26日 VOLTA・バーゼル(スイス)
https://www.voltaartfairs.com/basel

9月24日ー26日 アートバーゼル・バーゼル(スイス)
https://www.artbasel.com/basel

10月11日ー17日 PADロンドン ART+DESIGN・ロンドン
https://www.padesignart.com/london/

10月13日ー17日 FRIEZEアートフェア・ロンドン
https://www.frieze.com/fairs/frieze-london

10月14日ー17日 KIAFアートフェア・ソウル
https://kiaf.org

10月21日ー24日 FIAC・パリ
https://www.fiac.com/en-gb/about/the-fair.html

海外アートオークション情報

9月23日 バンクシー クリスティーズ・ロンドン オンラインセール
https://onlineonly.christies.com/s/banksy-i-cant-believe-you-morons-actually-buy-sh-t/lots/1921

9月28日 New Now フィリップス・NY
https://www.phillips.com/auctions/auction/NY010621

9月29日 デザイン(家具)ミッドシーズン サザビーズ・パリ オンラインセール
https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/design-mid-season-paris-september-2021

10月1日 Postwar to Present クリスティーズ・NY
https://www.christies.com/auctions/post-war-to-present

10月4日 コンテンポラリーアート サザビーズ・NY オンライン
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/contemporary-art-online-new-york

10月6日 From Japan with Love サザビーズ・ロンドン オンライン
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2021/from-japan-with-love

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

大学卒業後
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
2004年 クリスティーズ(NY) 日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト
2021年 大胡アートアドバイザリー合同会社 設立

海外アートマーケットNews Picks!!:2021年7月後半

ここでピックアップするほどの特筆すべきNFT案件も減ってきました。アート業界は、売買に関する業界は活況なのでどうにか持ち堪えているようです。美術館などの寄付や公共基金での運営するセクターはまだまだ厳しい状況です。NYの老舗画廊も世代交代が始まり、中国・深圳では巨額の予算でいくつものアートプロジェクトが計画されてます。

海外アートニュース

サンローランはパンデミック後、初のショーをベニスで展開。会場は作家のDoug Aitkenが制作し、そのままヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展に公開される(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/doug-aitken-saint-laurent-installation-venice-1234598705/

調査したアートディーラーの半数以上が2021年第1四半期の売上は計画以上であったと回答し、2/3以上のギャラリーが所属作家の増員を検討している。3/4のギャラリーは対面のアートフェアへの出展に戻る予定。パンデミックでも売買取引は戻している(artnet)
https://news.artnet.com/market/galleries-slowly-starting-rebound-damages-pandemic-according-new-survey-1990824

9月開催されるアートバーゼル・バーゼルの出展ギャラリー全リスト(artnet)
https://news.artnet.com/market/2021-art-basel-exhibitors-1990892

フランスは美術館や公共施設の利用者へワクチン接種証明又は陰性証明を必要としている(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/france-prepares-to-introduce-health-pass-1990681

米国アートディーラー協会の調査によると78%のギャラリーは正社員の解雇をせずに乗り切ったが、展覧会を開催していないのでアートハンドラーや期間契約のキュレーター、編集者、修復家、ウェブデザイナーなどは大幅な収入減となった(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/adaa-galleries-survey-2021-pandemic-1234599267/

イタリアの美術館は、高性能スパイカメラを利用してどの作品に滞留時間が長いかなどの分析を始めた。各作品にどの程度の時間を費やしたか、近づいて見たか。展覧会の作品毎にデータ分析が可能に(artnet)
https://news.artnet.com/art-world/art-industry-news-july-20-other-stories-2-1990605

6年前アンドリュー・メロン財団の調査では、米国の美術館のキュレーター、修復家、シニアスタッフの84%が白人であった。ロサンゼルスカウンティ美術館とアリゾナ州立大学は共同で、美術館の主要ポストに有色人種や女性が増加するようなプログラムを提案(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/asu-lacma-masters-fellowship-case-study-1234599659/

コレクターでForbes 400にも掲載されているRelatedグループCEOのJorge Perezがマイアミの自宅をアートコレクション付きで約34億円で売りに出している(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/art-collector-jorge-m-perez-miami-mansion-1234599567/

40年以上のキャリアを持ち今年93歳になるMarian Goodmanギャラリーの事業継承プランを公表。エグゼクティブ・ディレクターだった5名がパートナー(共同経営者)になり、Marian GoodmanはCEOへ。他の有名ギャラリーも世代交代が始まっている。Larry Gagosian(76歳)は、2019年にギャラリー経営のアドバイザリー役員会を構成した。Barbara Gladstone(現在80歳半ば)も数名をディレクターからパートナーへ昇格させた。今年はPaula Cooper(83歳)も事業継承プランを公表した。(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/marian-goodman-gallery-succession-plan-1234600288/

イタリアの大手銀行ユニクレジットは社会貢献の為に予定していた6万点に及ぶコレクションの順次売却計画を中止した。計画は、コレクション売却益を若手作家への支援基金とする予定であったが、コレクションの骨幹はイタリア文化遺産としても重要で計画は変更したと発表。売却の代わりに、オンライン展示に力を入れ既に公開されており、また社会貢献の面では教育プログラムを構築し子供たちへの文化教育は継続され賞賛されている(ARTnews)
https://www.artnews.com/art-news/news/italy-unicredit-halts-philanthropic-sales-collection-1234600283/

ダミアン・ハーストはコビット19融資で約22億円もの融資を受けたのにも関わらず昨秋63人のスタッフを解雇した。北京での大規模個展のキャンセルが要因の模様(The Art Newspaper)
https://www.theartnewspaper.com/news/damien-hirst-redundancies

2020年はパンデミックの影響で多くのアート関連プロジェクトが中止となった。しかし、今年は中国を筆頭に2019年以上のアートプロジェクト計画や美術館建設が予定されている。全世界では130以上のアートプロジェクト計画が公表され、予算総額は9,000億円以上。
美術館等の新規建築は米国・ヨーロッパでは50%以上の延期や中止があったが、アジア/オーストラリア/中東/アフリカでは、増加傾向にあり活発である。
中国、特に深圳の成長は著しい。トップ13の高額アートプロジェクトのうち7つは深圳でのプロジェクトであり、総額は3,000億円近い(artnet)

https://news.artnet.com/market/museum-trends-2020-aea-consulting-1992975

ギャラリーによる気候変動への連携団体が、基金創出の為に来年のクリスティーズのオークションでロンドン、ニューヨーク、香港にセシリーブラウン、アントニーゴームリー、ラシッドジョンソンなどの作品が出品される(Christie’s)
https://www.christies.com/about-us/press-archive/details?PressReleaseID=10156

サザビーズは、12月にスコットランドのウィスキー蒸留会社と組んで、青少年障害者へのサポート基金創出のチャリティーオークションを開催する。One of One auctionと題され、超希少スコッチウィスキーなど約40ロットが出品される予定。2021年12月3日 英国 Barnbougle城にて(Sotheby’s)
https://www.sothebys.com/en/press/scotch-whisky-industry-unites-to-support-disadvantaged-young-people-in-scotland

海外アートフェア情報

9月21日ー26日 アートバーゼル・バーゼル スイス
https://www.artbasel.com/basel/at-the-show

10月21日ー24日 Fiac・グランパレ パリ
https://www.fiac.com/en-gb.html

11月11日ー14日 West Bund・上海 中国
http://www.westbundshanghai.com

(予定変更の場合もありますので直前に再確認ください)

元クリスティーズ大胡さんがピックアップした海外アートマーケットニュースのページです。コレクターにとって役立つ情報を厳選して月1~2回お届けします。海外アートフェアやオークション情報なども。

著者略歴

大胡 玄(おおご げん)

大学卒業後
1998年 コーンズアンドカンパニーリミテッド
2004年 ニューヨーク大学教育学部スタジオアーツ写真専攻 修士課程修了
2004年 クリスティーズ(NY) 日本・韓国美術部門
2007年 クリスティーズ ジャパン
アジア現代アート及び NY・Londonのコンテンポラリーアート
個人コレクターを中心に美術品全般の出品/落札に携わる
2019年 株式会社アマナ ARTshelfプロジェクト
2021年 大胡アートアドバイザリー合同会社 設立