©Kohei Nawa

Kohei Nawa | 名和 晃平
PixCell-RGB-Picture#1
2009
57.0 x 45.0 x 18.5 cm
mixed media

名和は世界を構成する最小単位で「細胞、小部屋」などを意味する「Cell(セル)」という概念をもとにして、新しい視覚体験を生み出す。素材の持つ物質性や感覚に訴える質感によって、「表皮」の部分をインターフェースとして認識させる。このBEADS(ビーズ)シリーズでは、さまざまな物をパソコンのピクセルを彷彿とさせるビーズ状のガラスで覆いつくしてしまうことで、現代の見るという行為、モノとの関係性を暗喩する。
クリスタルガラスの大小のビーズを敷き詰めたモニターに流れる画像は、Text#1ではインターネットで検索した名和晃平についてのテキスト、Picture#1は名和晃平について検索した画像が流れている。ネット上に流れる自らの情報を取り込んだ本作品は、ニューメディア時代の自画像ともいえるだろう。