Born 1958 in Reading, Pennsylvania, USA
Died 1990 in New York City

キース・ヘリングは、1958年ペンシルベニア州クッツタウンに生まれ、ピッツバーグの商業美術学校であるアイビースクールに入学したが、自身が商業美術志望でないことを自覚し、ニューヨークに転居、スクール・オブ・ヴィジュアル・アーツに入学。ヘリングは、1981年から、地下鉄の黒紙の貼られた広告板に、白いチョークで絵を描く「サブウェイ・ドローイング」を始めており、グラフィティという都会的で不法な芸術表現にひかれる。シンプルな線と色彩とで構成された彼の絵は、彼のアイコンとなり、輝く赤ん坊、吠える犬、空飛ぶ円盤、祈る人など、一目で彼の作品と分かる図像によって、ニューヨーク中に彼の存在が知れ渡る。彼は、ニューヨークの画商トニー・シャフラジの支持によって、個展を開催、その後壁画の制作依頼が世界各国から寄せられ、マンハッタンだけでなく、シドニー、メルボルン、リオデジャネイロ、アムステルダム、パリなど、公共空間で彼の作品が見られるようになる。さらに彼のアイコンは、Tシャツやピンバッジなどあらゆる物となって登場し、ニューヨークと東京の彼の店「ポップ・ショップ」で販売された。展示室にとどまらず、ストリートで表現する姿勢は、彼の作品に社会的なメッセージをはらんでいたこととも関係する。1987年HIV検査で陽性と判明、90年に合併症で他界するが、彼のストリート性の強いメッセージは、特有の陽気なイメージによって発し続けられる。キース・ヘリングは、1958年ペンシルベニア州クッツタウンに生まれ、ピッツバーグの商業美術学校であるアイビースクールに入学したが、自身が商業美術志望でないことを自覚し、ニューヨークに転居、スクール・オブ・ヴィジュアル・アーツに入学。ヘリングは、1981年から、地下鉄の黒紙の貼られた広告板に、白いチョークで絵を描く「サブウェイ・ドローイング」を始めており、グラフィティという都会的で不法な芸術表現にひかれる。シンプルな線と色彩とで構成された彼の絵は、彼のアイコンとなり、輝く赤ん坊、吠える犬、空飛ぶ円盤、祈る人など、一目で彼の作品と分かる図像によって、ニューヨーク中に彼の存在が知れ渡る。彼は、ニューヨークの画商トニー・シャフラジの支持によって、個展を開催、その後壁画の制作依頼が世界各国から寄せられ、マンハッタンだけでなく、シドニー、メルボルン、リオデジャネイロ、アムステルダム、パリなど、公共空間で彼の作品が見られるようになる。さらに彼のアイコンは、Tシャツやピンバッジなどあらゆる物となって登場し、ニューヨークと東京の彼の店「ポップ・ショップ」で販売された。展示室にとどまらず、ストリートで表現する姿勢は、彼の作品に社会的なメッセージをはらんでいたこととも関係する。1987年HIV検査で陽性と判明、90年に合併症で他界するが、彼のストリート性の強いメッセージは、特有の陽気なイメージによって発し続けられる。(岐阜県美術館 学芸員 西山恒彦, Gigu)

ARTIST NEWS

LINKS

WORKS IN THE COLLECTION