Born in Paris, France
Lives and works in Brussels, Belgium

ドローイング、写真、コラージュ、ビデオ、インスタレーションなどメディアを問わずに制作を続けるピエール・ビスマスだが、彼が好んで使用する「素材」は映画・ファッション・アートを含む大衆文化であり、それをグローバル化した言語で味付けしている。2007-2008年にはディズニーキャラクターをフィーチャーしたインクジェットとアクリル絵具のシリーズを制作している。一見乱雑な筆致で描かれた真っ黒なキャンバスにはシンデレラや、くまのプーさんといったおなじみの顔ぶれがひそんでいる。彼らはすぐには姿を現さない。正しい距離から正しい意識を持って能動的に見つめ、初めてその輪郭が浮かんでくるのだ。このように彼の作品には「認識行動の遅延」という側面がつきまとう。(「GLOBAL NEW ART TAGUCHI  ART COLLECTION #01」2010, 美術出版社, pg 249より)

ARTIST NEWS

LINKS

WORKS IN THE COLLECTION