Born 1978 in Zama, Kanagawa, Japan
Lives and works in Kanagawa, Japan

桑久保徹は1978年、神奈川県座間市生まれ。2002年多摩美術大学絵画科油画専攻卒業。現在も神奈川県を拠点に活動を行っています。02年、東京都現代美術館主催のトーキョーワンダーウォール公募 2002で「トーキョーワンダーウォール賞」を受賞。04年のGEISAI-5にて、小山登美夫がスカウトしました。彼は自分の中に架空の画家を見いだすという演劇的なアプローチで制作活動をスタートします。印象派の画家たちが行ったように海辺にイーゼルを立てて絵を描いたり、描いた絵を背中にくくりつけて「絵を売り歩く放浪画家」としてパフォーマンスしたりと、彼がイメージするいわゆる職業画家をいわば演じてみることが、最初の制作のきっかけになりました。画家に扮した彼が好んで描くようになったのは、多くが海のモチーフです。オイルを混ぜず、油絵の具だけを分厚く盛り上げて描いていくタッチ。現代においてはもはや古典に なりつつある印象派の技法と、桑久保自身の中にある現在の心象風景が重なり合って作品を作り上げています。(Tomio Koyama Gallery, Tokyo)

ARTIST NEWS

LINKS

WORKS IN THE COLLECTION