© VG BILD-KUNST, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2021   G2492

Chiharu Shiota | 塩田 千春
Zustand Des Seins / State of Being, 2013 Dress
2013
150 x 100 x 80 cm
metal frame, thread, dress, acrylic paint

白いドレスが黒い糸にまとわりついて浮いているように見えます。そこにはドレスを身にまとう誰かの身体はありません。まるで脱皮した蛇の皮のように、ドレスはそこにたたずんでいます。
塩田千春は、1972年大阪に生まれ、現在はドイツ・ベルリンを拠点に活動しています。生と死という人間にとって根源的な問題をテーマにしており、場所やものに宿る記憶といった、目に見えない存在を糸で紡ぐことで表現する大規模なインスタレーションを中心に、映像、立体、写真など多様な手法で作品を発表しています。
今回の作品にも「糸」が使われています。そのドレスに宿る記憶、そのドレスを着ていた人の記憶がこの無数に張り巡らされた糸によってよみがえるかのようです。
(解説:原田 美緒)